Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
 
カウンターの上に一冊のノートが置いてある。
<< 今週は早めのアップです。 | main | ナルニア国物語り見てきましたよ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
バトンを回していただきました
秘密結社・有限会社デベデのネコスキーさんから「Writer Baton」なるものを回していただきました。
せっかくですので、答えてみようかなと思います。

  1.得意な話のジャンルは?
  ファンタジーですね。現代でも異世界でもどっちも有りで。世界観や設定を自ら作り出すことが好きなんです。
 反対に社会的、現実的な話を書くには知識と経験に乏しいため、手を出したことはありません。
 もっともミステリーも読むのは好きなので、いつか画期的な殺人トリックを思いついたら書いてみたいなぁと思っています(笑)。

  2.尊敬する物書きさんは?(差し支えなければお名前もどうぞ)
 素晴らしい作品を書かれている作家さんは、例外なく私の尊敬の対象となって頂いております。
 その中でもあえてお一人名前を挙げるとすれば、オフラインでは小野不由美主上。
 オンラインでは、交友はないのでこんな所でお名前を出していいのかは分かりませんが、へいじつやの古戸マチコさん。あの短編の多さは私の憧れなのです!

  3.普段、作品へのインスピレーションはどんなところから受ける?
 短編なんかでは、日常の中で目に付くものや行っている事から発想を膨らませることもありますね。あとは素晴らしい作品を読んだり見たりした時に着想を得たり。
 もっとも大抵はふいに浮かんできた設定や、頭の中でキャラクターが交わす会話などから話を発展させています。
 そんなことが思いつくのは自転車に乗ってる時や髪の毛を乾かしている時で、きっと機械的に身体を動かしていると脳みそが暇に耐え切れなくて空想するんでしょうね。

  4.ひとつの作品に充てる時間は?
 短編作品ならば一日で書き上げることがほとんどですね。もっとも書き出す前に頭の中で話を練りますので、それを含めれば三日から数ヶ月とだいぶ幅がでてきます。
 長編作品になると相応に時間は長引きますが、構想時間を抜いて実際の執筆時間だけを考えると、経験からして三日で原稿用紙20枚が上限のようです。

 5.作品を書く際の必需品・道具は?
 第一にはパソコン。昔はノートに手書きだったのですが、今はこれがなくては書けない身体になってしまいました(笑)。この関係で、必需品ではないのですが最近は文章を打ちながら音楽も聴いています。
 あとはプロット用のノートと手作りメモ帳(爆)。このメモ帳、大量にあった要らない用紙の束に腹を立てて、どうせ捨てるならと四つ切にして作ったものなのですが、これが意外と重宝しています。
 たまに裏を見ると三年前の書類の成れの果てだったりして結構面白いです。

 6.回す五人は?
 回すか止めるかかなり迷ったのですが、結局回させていただきます。
 もっともオンライン上ではほとんど知人がいないので、五人には到底足りませんが。
 
 君のそばで会おうの真冬さま
 Windiaのbokuさま
 パラレルワールドストーリーの石川和久さま

 こちらの三名さまに回させていただこうかなと思います。
 あつかましいお願いですが、よろしくお願いいたします。
 もし、お忙しかったりこういうものが好きではなかったら無視して下さっても結構ですので!
| 雑談 | 18:15 | comments(3) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 18:15 | - | - |
こんにちわ、楠様。
ネコスキーでございます。
こちらに書き込むのは初めてだったり…。
Writer Baton受け取って頂いて、本当にありがとうございました。
m(_ _)m

回答のほう、楽しんで読ませて頂きました。
やはり皆さん、十人十色の反応で、個性を感じてしまいます。
そしてほとんどに共通しているのはパソコン…いやはや、便利な時代になったものです(おっさん臭っ)

それでは、本当にありがとうございました。
ではまたっ(逃)
| necosuky | 2006/03/10 2:53 AM |
楠さんこんにちはーっ!
こちらでははじめましての真冬です。
なんて素敵なバトン! ありがとうございますっ!
というか、わざわざご連絡までしていただいて、涙涙なのですっ。
早速ウッキウキで楽しく答えさせていただきました♪
トラバさせていただきましたので、またお時間があるときにでもちらっと見ていただけると嬉しいですっ!

それでは失礼致しますっ。
| 真冬 | 2006/03/10 5:21 PM |
楠さま、こんばんは。bokuと申します。
こちらでは初めましてですね。

先日は「Writer Baton」をありがとうございました!
少し遅くなりましたが、回答をさせていただきました。あんな感じでいいのかな?とどきどきしております(笑)
お時間のあるときに、ご覧になっていただけましたら幸いです。

それでは、失礼いたします。
| boku | 2006/03/15 10:06 PM |









http://hiku.jugem.jp/trackback/28
「Writer Baton」に答えてみる。
覆面作家企画関連でお知り合いになった「飛空図書館」の楠さんから「Writer Baton」なるものを回していただきました! 楠さん宅のサイトデザイン、大好きなんですよねーっ。大空羽ばたく
| そして今日もせんたく日和 | 2006/03/10 5:09 PM |
「Writer Baton」
「Writer Batton」
| つ れ づ れ。 | 2006/03/20 8:46 PM |