Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
 
カウンターの上に一冊のノートが置いてある。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
BWD更新&よく行くブログとサイトの紹介

  最近はどうにも時間の使い方が下手で、あれもやりたいこれもやりたいと思いつつも着手する時間が取れません。
 いっそ一日36時間くらいあればいいのになぁと思いつつも、上手く時間を使えるようにならないといくらあっても足らないのには変わらないでしょうね。
 ううむ、時間の使い方に精通した時間マスターになりたいものです。
 とか言うと、とたんにファンタジーっぽい感じになるのは何故でしょう。


 さて、今日はネット小説のサイトさん以外で私がよく訪問している、サイトさんやブログを紹介してみます。
 無断リンクなのですが、……大丈夫ですよね?(どきどき)
 もしも問題があるよという時には、どなたか教えてください。あと、リンクを辿って訪問される方は自己責任でお願いします。
 

 「POP*CLIP」(http://popclip.net/
 ファッションや雑貨、動画や写真など、POPでユニークなアイテムを紹介しているブログです。
 これは使ってみたいぞ、と思えるものからなんの役に立つのかと苦笑するものまで様々なアイテムが目を楽しませてくれます。
 見ていると自分までセンスが高まってくるような気にさせてくれるブログです。


 「お茶妖精」(http://blog.livedoor.jp/fairypot/
 海外の掲示板などから日本のゲームや漫画、アニメなどに関する意見を集めて翻訳しているブログ。
 海外のゲーマーはこんなことを不思議に思っているのか、あるいはこのアニメをこんな風に捉えているのかと異文化コミュニケーションの愉快さを痛感させられます。
 記事自体も興味深いユニークなものが多くセレクトされています。


 「常識ぽてち」(http://www.tamagoya.ne.jp/potechi/b/index.php
 今更聞けない常識や、雑学など多種多様なテーマを取り上げて解説しているブログです。
 知っているようで知らなかった様々な物事について勉強できます。
 文章も容易で読みやすいので、子供から大人まで楽しみながら学ぶことが出来るのではないでしょうか。


 「rapunzel」(http://homepage3.nifty.com/takimoto/)管理人・たきやんさん
 クライミングに関してと読書に関する記事を掲載しているホームページです。
 私はこちらの読書のページをいつも拝見しています。
 特に大量の書籍に関しての紹介を作者によって分類して感想を載せている「読書のページ」は一見の価値アリです。
 今はブログ【ぼちぼちクライミング&読書】をメインに更新されているようですが、こちらでも読んだ本の紹介をされています。


 「黄金の羊毛亭」(http://www5a.biglobe.ne.jp/~sakatam/)管理人・SAKATAMさん
 こちらも本の感想と紹介をしているサイトさんです。
 国内海外を問わず、大量のミステリー小説とSF小説が掲載されています。
 ネタバレ感想はページを別にしてくれているのも嬉しい。
 また作家別に索引があるので目当ての作家や作品を探しやすいのも特徴です。
 この間私が読んだ初野晴著の「1/2の騎士」はこちらのサイトさんの紹介で知りました。


 「座敷浪人の壺倉」(http://home.att.ne.jp/red/sronin/index.htm)管理人・座敷浪人さん
 「あやしい古典文学の壺」というコンテンツがオススメです。
 日本の数多くの古典文学から抜粋した「奇談」「怪談」「変な話」を現代語訳して掲載されています。
 古典文学に興味があるけれど、古語は読めないしちょっととっつきにくいなぁと思っている人にはうってつけです。日本の古い怪談や奇談の魅力に目覚めるかもしれません。
 

 それにしても世の中には本当に、面白かったり役に立ったりする情報を発信してくれる人が多いですね。
 それを楽しむことが出来るなんて、まったく良い時代に生まれたものです。

 

 そんなこんなで、本日の更新です。

 本日は、<五万ヒット御礼企画>に『少年は世界を夢見る』のスピンオフ作品「12、狩り(4)」をアップです。


 ぼちぼち佳境に入ってきましたが、このままちゃんと盛り上がるのかどうかが非常に不安です。(笑)

| BWD | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドレミファドレミファドーナッツ

  早いものでもう10月です。
 光陰矢のごとしとは言ったものですが、あっという間に月日が経ってしまうと感じるのは子供の頃に比べてイベントごとが少ないせいでしょうか。
 これはもう、自分でイベント立ち上げるしかないですかね!

 皆、遠足に行きたいかー! 修学旅行に行きたいかー! 受験したいかー!
 
 ……受験は別に要らないですね。


 そう言えば、電子レンジで作るドーナッツの器があったので、今日はドーナッツを作ってみました。
 もっとも、ホットケーキミックスで作るやつなので、かなりお手軽なのですが。
 たまたまうちに黒米と大豆のホットケーキミックスがあったので、それで製作してみたのですが、もちもちしていて美味しい黒ドーナッツが出来上がりました。(……はっ! これはまさか自家製ポンデリング!)
 でも、さすがに一人で4個も食べるのは多すぎた気がします。
 もうちょっと甘さを控えめにすればよかったのかな。まだまだ改良の余地があるようです。
 

 そんなこんなで、本日の更新です。

 本日は、<五万ヒット御礼企画>に『少年は世界を夢見る』のスピンオフ作品「12、狩り(2)」をアップです。


 基本的に主従物が好きなので、このコンビも結構お気に入りだったりします。
 もっとも本編には出す予定が無いので、こういう機会がないとなかなか書けないのが残念ですが。
 
 あ、あと第四章終了記念人気投票もまだ行っております。
 ご協力をお願いいたします!


 さて、最近読んだ本の感想です。

続きを読む >>
| BWD | 13:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
喉もと過ぎればどんじゃらほい

  最近めっきり涼しくなりましたね。
 ほんの1〜2週間前まで暑さに喘いでいたのがまるで嘘のようです。
 これが喉もと過ぎればなんとやらという奴なのでしょうか。
 それにしてもこの寒暖の差はいささか激しすぎるような気もします。
 皆様、体調にはくれぐれもご注意を。

 体調といえば、昨日バレーボールくらいある巨大な梨を一人で食べたら、お腹が切ないことになりました。
 具体的に言うと、お腹から不気味な鳴動が止みませんでした。
 いやぁ、あんまり美味しいのでついつい食べ過ぎてしまいましたよ。
 皆様、梨の食べすぎにもくれぐれもご注意を。
 そんな事を言いながら、じつはまた梨を食べてたりするのですが、それもまた喉もと過ぎればなんとやらという奴でしょうね。

 さて、先週から行っている「第四章終了記念人気投票」なのですが、投票締切日の設定ミスで最初の数日間が投票できない状況だったようです。
 ご連絡くださいましたさんた様。本当に助かりました。教えてくださってありがとうございます!
 慌てて修正しましたが、投票できなかった三日分を延長したいと思います。
 そんな訳で皆様、改めて投票ご協力の程よろしくお願いいたします!
 

 そんなこんなで、本日の更新です。

 本日は、<五万ヒット御礼企画>に『少年は世界を夢見る』のスピンオフ作品「12、狩り(1)」をアップです。


 五万ヒット御礼企画のひとつとしても掲載していますが、どちらかというと番外編というよりもスピンオフ作品ですね。なので全六話でしばらく連載します。
 主人公は本編冒頭や各種番外編にも登場した、ジェムの級友君。思いがけぬ大出世です。(笑)
 単独でも充分読める作りにはしてあるつもりですが、番外編「遥かなる友へ」や「君がために鐘は鳴る」を一緒に読むとなお楽しめるかも…と宣伝してみたり。
 そんな感じで、しばらくお付き合いくださると幸いです。


 WEB拍手へのお返事です。
9月25日12:09 に「黒薔薇狂詩曲」に感想を下さった方。
 「感想ありがとうございます〜! そのお言葉がなによりもの励みになります。なかなか更新に時間がかかる作品ではありますが、どうぞ気長に待っていてくださると嬉しいです。

 さて、最近読んだ本の感想です。

続きを読む >>
| BWD | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
めでたいお知らせ&BWD第四章完結!

  こんばんは。
 今日は親戚の法事だったのですが、初心者の運転する車で高速に乗ったため、たどり着くまで生きた心地がしませんでした。
 もっともこのハラハラは私の杞憂だったようで、何事もなく無事に帰ってこられて何よりでした。
 それにしても朝夕はだいぶ秋らしい気候になってきましたね。
 それでもまだ昼間はかなり暑く寒暖の差が激しいため、身体を壊さないようにいつもより余計に気を使っております。
 こうかくと、和傘の上でボールを回す正月によくやる隠し芸のようですね。
 閑話休題。

 さて、以前にもこのブログにも書いておりました第3回アルファポリス絵本・童話大賞ですが、15日に結果がでました。

 なんと当サイトの「世界で一番醜い娘と世界で一番美しい若者」が読者賞を頂いてしまいました。

 本当にありがたい限りです。
 それもこれも、作品を読み、感想を下さり、投票をしてくださった皆様のおかげです。
 今後も皆様に楽しんでいただける作品を作り出していけるよう、精一杯頑張っていきたいと思います。
 本当に、皆様どうもありがとうございました! 心から感謝します!


 そして、今日はもう一点お知らせです。

 本日の更新分で、当サイトの長編「少年は世界を夢見る」第四章が完結となりました!
 第四章は2006年から連載していたから、ほぼ4年が経ってしまったんですね……。
 いやぁ、もう本当に無事に終わってよかったです。
 たびたびの休載にも拘らず、読み続けてくださった読者の皆様がいたお陰で4章を書き上げることができました。
 第5章も、期待に応えられるように頑張って執筆いたしますので、どうぞよろしくお付き合いください。
 あと、第四章完結を記念して、人気投票を開催いたします。
 投票期間は2010/10/19までの一ヶ月となります。
 皆様のご投票をお待ちしています!

続きを読む >>
| BWD | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
BWD更新&読書感想【44〜46/60】

  最近ルイボス茶にはまっています。
 あの木の根っこっぽい匂いが最初は苦手だったのですが、だんだん癖になってきました。
 ルイボス茶はどうやら肌にいいらしいですね。
 プラシボー効果なのか、肌がつやつやしてきたような気がするような無いような…。

 食べ物の話続きですが、昨日、食用の鬼灯を食べました。
 普通の鬼灯よりもだいぶ小さく、外側の袋の部分は乾燥して茶色くかさかさ。
 中の実の部分は親指の爪くらいの大きさで、黄色く、見た目はプチプチトマトにも似ています。
 味はうっすら甘くて、うっすら酸っぱくて、でもほんのり何かに似ているなぁとしばらく考えてしまいました。
 そしてようやく思いつきました。

 「こ、これはトマトと梨を足して二で割ったような感じだ…!」

 歯ごたえも思ったよりもありましたしね。
 何とも不思議な食べ物でした。


 今日の更新は、
  本棚の長編、「少年は世界を夢見る」にエピローグ「約束の海は遠く」(3)をアップです。

 なんかこう、短くなっちゃいましたが、その分次が長いです。
 そして次でラストです。

 う〜ん、なにか企画でもやろうかな。

続きを読む >>
| BWD | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
閉じ込められました

  ある日の朝、目を覚まして部屋を出ようとしたら押しても引いても扉が開きませんでした。
 前々から扉の動きが悪いなぁと思いつつも無理矢理力づくで開けていたのですが、この時ばかりはどれだけ力を入れようとちっとも開く気配がありません。

 仕方がないので携帯から自宅の電話に掛けて、親に助けを求めちゃいましたよ。
 やってきたママンと二人がかりで扉と格闘し、ようやく開く扉。
 どうやら扉が歪み、金具が引っかかっていたらしいですね。
 この時ほど、「開け、ゴマ」の呪文が恋しかったことはありません。

 ちなみにそんな騒動によって朝から疲れきった私が玄関から外に出ようとした時、
「ねぇねぇ、聞いてよ。朝ね、家の電話にお姉ちゃんが掛けてきてね…」
 と助けてくれたママンが弟に嬉々として話そうとしているのが聞こえました。
 くそぅ…話の種にされてしまった!

 あと、友人が大阪へとある用事で出かけたのですが、観光の為に立ち寄った大阪城のお土産をプレゼントしてくれました。
 私をイメージして買ったよ、というお土産の包みを開けたところ出てきたのは

  「印籠」

 ……私はどんなイメージなのですかい。

 

続きを読む >>
| BWD | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
新クーラー設置!

 クーラー、新しいの買いました!
なんだか最近クーラーの話ばっかりですみません。(汗)
クーラーはなにやら室外機のコンデンサーが故障してしまっているらしく、応急処置を施したもののやはり直らずとうとう新しいのを購入しました。
しかも室外機の中に蜂が巣を作ってしまっていたりとなにやら一大事業になってしまいましたが、無事に取り付けも成功。
これで今年の夏は涼しく過ごせそうです。

そういえば、この間カンフー映画を見ました。
動きがとっても格好良かったです。
しかしながらやはりそういった激しい動きを文章で書き表すと言うのは難しそうですね。
アクション小説を書ける人は尊敬してしまいます。


今日の更新は、
 本棚の長編に、「少年は世界を夢見る」第4章「7、裏切りに求められる代償」(4)です。

 そういえば、この小題って、作品史上一番長いんですよね。
 いや、どうでもいいんですが。
 先週はお盆休みということでお休みしてしまいましたが、7話はこれでラストです。
 次はエピローグということで一気にラストまで進んでいきます。
 ということで、後もう少しお付き合いください。


 WEB拍手の感想へのお返事です。
 8月13日9:32 に「世界で一番醜い娘と世界で一番美しい若者」へコメントを下さった方へ。
 「感想有難うございます! 面白いと言うお言葉がなによりもの励みです。とっても嬉しいです!

| BWD | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
ありがとう。君の活躍は決して忘れない。

  生命線であった扇風機が止まりました…。(泣)
 クーラー修理に前のめり加減の前向きさで挑もうと思います。

 今週はちっと体調を崩してしまいました。
 高いところが好きな人がかかりやすい夏風邪という奴でしょう。
 もっともこの季節は室内の冷房と外気の差が著しいので、体調を崩しやすいのは確かです。
 ハサミの使い勝手と同列に並べられてしまう人に限らず、皆様お体にはお気をつけて。

 そういえばサイト開設6周年を華麗なまでの勢いでスルーしていたことに、今さっき気付きました。
 もう6年たったのかと思うと、長いような短いような不思議な気持ちがします。
 亀の歩みながらもここまでやってこれたのは、拙宅の作品を読んでくださる方がいるから。
 本当にありがたいものです。
 これからもぜひぜひ、「飛空図書館」をよろしくお願いします。
 
 という事で、6周年の挨拶でした。(笑)


 本日の更新は、

 本棚の長編「少年は世界を夢見る」に第四章 7、「裏切りに求められる代償」(3)をアップです。
 
 メインのシーンをアップできるのは、物書きにとっては実に嬉しいご褒美ですよね。
 たとえそれが殺伐としたシーンであっても。(笑)
 


 それではWEB拍手のコメントへのお返事です。

 2010年8月3日19:41に「世界で一番醜い娘と世界で一番美しい若者」にコメントを下さったハンプティさん。
 「ハンプティさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。こんなに褒めて頂けるなんて光栄です! 面白かったという言葉が励みになります。感謝感激です!

| BWD | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
花火は夏の風物詩

  あまりの暑さに耐えかねて、アイスノンを入れる枕を入手しました。
 頭が涼しいだけで、けっこう快適ですね。

 昨日は浴衣が着て花火大会に行きましたよ。
 浴衣の着付けに一時間もかけてしまった上に、とんでもない間違いに家に帰るまで気付かなかったというこっぱずかしいことをしでかしたりもしましたが、風流で楽しかったです。
 どんな失敗をしたかは、あまりにも古典的過ぎるのでご想像にお任せします。(笑)
 しかし花火はいいですね〜。
 まるで夜空をキャンパスにした芸術作品。
 人間が空に作るものの中では一番綺麗なんじゃないかな〜、とか中二的なことをつらつら考えながら見ていました。
 季節の風物詩を堪能するのもなかなか良いものですね。


 さて、今日の更新は


 本棚の長編「少年は世界を夢見る」で第四章 7、「裏切りに求められる代償」(2)です。


 ちょっと短めかなぁと思いますが、うまく区切れなかったのでどうぞご容赦を。
 なんだかジェムよりダリアのほうが主人公っぽいな思う今日この頃。
 まぁ、いつもの事ですか。


 あと蛇足ですが、アルファポリスの「絵本・童話大賞」に拙宅の「世界で一番醜い娘と世界で一番美しい若者」をエントリーしてみました。
 素晴らしい作品が多数出品されている中にうちの作品を混ぜるなんておこがましいばかりですが、胸を借りるつもりで参加してみましたよ。
 この機会に誤字脱字をちょこっと直してみましたが、内容は変わっておりませんのでご安心を。
 よそ様の素敵な作品をこれから覗いてみようかなぁと思います。

| BWD | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
書き終わった〜
 ここの所ずっと書いていたBWDのスピンオフを、ようやくにして書き終わりました〜。

もともと5万ヒット記念番外祭にアップしようと思っていた作品なので、書き始めが2007年3月末。(笑)
二年以上前から書いていた計算になります。(汗)

そして、分量が原稿用紙にして65枚。
すでに番外編という分量じゃなくなっております。
いやぁ、いろんな意味で規格外の作品となりました。(笑)

もともと主従というシチュが大好きなのですが、
今回の作品の登場人物はその中でも私のお気に入りの主従コンビだったので
書いていてやたらと楽しかったです。(笑)

これからしばし時間を置いて校正して、下読みをしてもらって、
数回に分けてアップしていければなぁと思います。
| BWD | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) |